私たちは、メディアを動かす。ハートを動かす。そして、付加価値を創造する。

パブリシティ

PR( Public Relations ) [名]パブリックリレーションズ/広報

  • パブリシティとは

  • Publicity、広報。パブリシティ。パブ。企業や団体が、マスコミなどに対し報道されるようにする取り組み。
    記事そのものを指して使用される場合もある。
    PR(Public Relations)PR活動。日本でいうPRは、ほぼこのパブリシティの事を言います。
  • 具体的にはプレスリリースの配信や、記者発表会見、メディアキャラバンなどを実施して
    新聞やテレビの仲のニュースで報道されることを目指します。
    ただし、対価を払う広告とは違い、無料のパブリシティは編集権はメディア側にあります。
    メディアが純粋に情報の取捨選択を行うため、必ずメディアに取り上げられるとは限りません。
  • ノンペイドパブリシティ

  • PR活動でパブリシティを実施する場合は、基本的にはこのノンペイドパブリシティを狙うのが王道です。
    その意味の通り、料金を払わない純粋なパブリシティ記事・放送のことを指します。
    PR業界ではあまり使いませんが、フリーパブリシティとも言います。
  • ノンペイドパブリシティはメディアに広告費も支払いませんし、企業の能動的な働きかけですので、
    必ずしもメディアに取り上げられるとは限りません。
    情報の取捨選択、編集権はあくまでもメディア側に帰属しているのです。
  • つまり、メディア側にパブリシティとして取り上げてもらうことを目的としているならば、
    発信する情報をメディアの取材視点に寄せて面白くする他には、道が無いのです。
    また、パブリシティは自社にとって載せてほしくない情報が載ることもありますし、逆の場合も然りです。
    メディアがメディアの視点を持って、読者・視聴者に情報を伝えるからこそ、
    絶大は反響効果を及ぼしくれるのです。
  • 私たちが「演出」を大切にするのはこのためです。
    パブリシティをする上で最も大事な上記の理由があるからなのです。
  • ペイドパブリシティ

  • 「ペイド」(paid)つまり、料金を支払うパブリシティの事を指します。
    何故パブリシティ活動なのに料金が発生するのか。下記のケースに当てはまる場合は
    ペイドパブリシティになることが多くなります。
     ①メディアにとって率先して報道する内容ではないが、企業が強烈にプッシュする場合。
     ②そもそも、ペイドパブリシティ用のコーナーである場合。
     ③テレビ制作会社へ「タイアップ」費用として払う場合。
  • 上記のようなケースが想定されますが、見も蓋もない言い方をすると、
    持ち込んだ情報がメディアにとって「面白くない」からペイドパブリシティに頼らざるを得ないのです。
  • メディアは基本的にジャーナリズム、メディアの公共性の立場から言えば
    スポンサー以外から「料金」は受け入れません。しかし、長引く不況による広告収入の減少から
    「ペイドパブリシティによる収入」も受け付けているというのが現状です。
  • ちなみに、読者・視聴者用のプレゼントとして製品を提供して露出させる「プレゼントパブリシティ」もペイドパブリシティの一種です。
    ペイドパブリシティで発生する費用は媒体、取り扱う大きさ、尺(時間)によって様々です。
  • また、PR会社によってはテレビ番組の露出時は単純に成果報酬費用が発生するケースもありますので、
    活動費以外の費用は、PR会社に細かく確認することをお勧め致します。
このページの内容をご覧になった方は、下記ページも参考にしています。
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口