私たちは、メディアを動かす。ハートを動かす。そして、付加価値を創造する。

PRとは

PR( Public Relations ) [名]パブリックリレーションズ/広報

  • PRとは

  • PR( Public Relations )の本来的な意味合いを直訳すると社会との関係性の向上です。
    企業や団体・政府などが、意見・思想・立場・視点を理解させ、広めることを目的にした活動を指します。
    社会とのコミュニケーションを取ることによって、社会の意見や行動を変え、信頼関係を結ぶ。
    その対象を一般大衆、消費者、従業員やその関係者、販売業者、仕入れ先の関係業者、株主・・・と、
    関係するありとあらゆるステークホルダーに及びます。
  • 「社会(ステークホルダー)に働きかける」ために最も効果的な手段は何かー?
    これが転じて、2の意味である「メディアに働きかけてタダでやる広告、プロモーション、パブリシティ。」
    という意味合いで使われているのが日本のPRです。
  • 広告とPRの違い

  • 広告とPRの違合いは、大きく分けて2つの違いがあります。
    1つ目は消費者から見た時の、「見え方」「感じ方」「効果」の違い。
  • Public Relations Advertising
  • 自分で何度も勧める「広告」に対し、「PR」は他の人から勧められるマーケティング手法です。
    私たちの実生活経験からも、PRの方が信頼性や反響が高いのは言うまでもありません。
  • 2つ目は、企業側からの視点での違いで、実施段階で「必要なモノ」です。
  • 広告はメディアの時間やスペースを買う行為ですから「お金」が最も大事な資源となります。
    乱暴な言い方をすれば、お金さえあれば誰でも売っているものを買うことが出来ます。
  • 一方PRは、メディア側に提案する行為となりますから必要なものは
    「アイデア」や「知識」「経験」といったインテリジェンスになります。
    また「相性」も必要ですので、企業によっては非常に難しい手法と言えます。
  • ちなみに、「PRに人脈が必要か」というご質問がありますが、重要ではありません。
  • PRの注意点

  • 企業ではあらゆるマーケティング手法を用い、業績の拡大を図っていますが、
    中でも「販売促進」や「反響」といった効果が最も高いメディアPR(パブリシティ)。
  • 広告とは違い、公共性の高いマスコミが、第三者の視点で貴社の取り組みを取材して紹介してくれるため、
    視聴者・読者に対して強力なアプローチを掛けることが可能になるのです。
    テレビ番組に露出することが出来れば、貴社の情報を何千万人にもアピールすることが可能です。
  • しかし、PRはマスコミ側の主観によって取材に来てもらわなければなりません。
    つまり、費用を払えば広告は「必ず」メディアに露出ができますが、
    PRはメディアが「面白い!」と判断してくれない限り、露出の保障が無いのです。
  • 企業がメディアPRをしようとする場合、「自社人員でPRを実施」「PR会社と契約」
    「プレスリリース配信業者を利用」のいずれかで実施しているケースが殆どです。
    しかし、先述したとおり、メディア側が貴社の情報を取り上げてくれるとは限りません。
  • PRは、企業や業種によって向き不向きがありますので、
    PRを成功させるには以上の点を確認し、最前の方法・PR会社を選択する必要があります。
このページの内容をご覧になった方は、下記ページも参考にしています。
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口