私たちは、お客様を「演出」する。効果的に。魅力的に。わかりやすく。

プレスリリース配信

プレスリリース配信の流れ。

できるだけちゃんと実施したい。でも、可能な限り安くしたい。

  • 実は、「プレスリリースの配信」に限って言えばプロの技術だとか、人脈だとか、
    はたまた厳格なルールだとか、それほど重要ではないのです。
  • 必要なのは、ころころと変わるマスコミの住所やFAX・電話番号それに雑誌名などの最新の情報。
    さらに、「掲載」を望むのであれば、企画力や商品力が重要になってきます。
    つまり、プレスリリースの配信というのは物理的な「作業」ですので、
    本来であれば、それはお客様自身が出来ることが望ましいと言えます。
  • しかし、諸事情で「そこまで出来ない」というお声を頂いているのも事実ですので、
    必要最低限のプレスリリース配信代行も私たちは提供しております。
  • こちらは創業期のお客様や、小規模の法人のお客様向けサービスとなります。
  • 単純なプレスリリース配信型

    「プレスリリースを送ったのですが、ご覧頂けましたか?」
    すると…「見てない」という返事が意外にあります。
    私たちは、プレスリリースを配信するだけでは、十分でないことを知っています。だから、必ず配信の後のマスコミ各社への確認連絡を入れます。
    そして、再度配信を行うことを徹底しています。
    プレスリリースの配信を担当するPRエージェントによる丁寧な配信を実施しています。
    最近では、プレスリリースの配信「システム」を提供するもっと安価なWebサービスも多数ございますので、一度ご覧になって比較されることをお勧め致します。
  • プレスリリース内容重視型

    プレスリリースと言うのは、企業が発表したい情報を書面にまとめたものを指します。
    プレスリリースの配信方法や書き方などは、既に多数の書籍が出ていますが、実はマスコミ側からするとそれだけでは情報不足と言えます。
    マスコミは殆どの場合、複合的に情報を組み合わせて一つの事象・現象を報道しますので、関連業界の動きや一般社会のトレンド情報も加えたプレスリリースの作成が必要不可欠となるのです。
    私たちはこれを「企画書」と呼びますが、こうしたマスコミ向けの企画書を作成するのも、私たちの大事な仕事です。
  • お客様のニーズに合わせて、必要な情報を創りマスコミにきめ細かにアプローチを実施する。

  • 私たちはプレスリリース配信にもこだわりを持ちます。
このページの内容をご覧になった方は、下記ページも参考にしています。
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口