私たちは、お客様を「演出」する。効果的に。魅力的に。わかりやすく。

Web制作

Web制作を提案するとき。

  • 半年後の短期プロジェクト開始に向けて。
    新製品のローンチ。
    総合的なコミュニケーションの強化。
    テレビPRの強化。
  • 私たちがお問い合わせ頂いたり、ご紹介頂いたりする案件の内容は
    概ね、上記のカテゴリーに入るものがほとんどです。
  • 私たちがPR会社として考えれば良いことは、「パブリシティ」だと言うことは十分に理解していますが
    パブリシティの「後」もお客様のマーケティング活動は続きます。
    例えば、グーグルやヤフーの「急上昇ワード」。
    日々の検索ワードに上がってくる単語は、そのほとんどがテレビで放映された内容です。
  • 私たちが「仕事」をした後は、必ずと言っていいほどHPやキャンペーンサイトへの訪問者数が増加します。
    その時に、変なWebサイトだったら?
    その時に、コーポレートページだけだったら?
    その時に、わかりにくいHPだったら?
  • お客様の見地に立った時、私たちはWeb制作を提案します。
  • 私たちは、PR会社としての仕事に誇りを持っていますので
    あれこれとむやみに受注内容を増やすような誘導は致しません。
  • でも、お客様にとって必要なものは「必要だ」とキッパリお伝えするのも私たちの仕事。
    だから、どうしても必要な時、私たちはWeb制作もご提案します。

PR会社のWeb制作。

  • 「PR会社の」というより「私たちの」Web制作の考え方。
    私たちのプロモーション施策の全ては「演出」をなにより大事にします。
  • より、魅力的に見えるように。
    より、わかりやすく。
    より、印象に残るように…。
  • 見た人に、どんな印象を与えるのかを考えるのは、コミュニケーションの企画立案をするうえで
    基礎とも言える大事な部分です。
    これを達成するには「やらせ」にならない程度の「演出」が必要不可欠だと私たちは考えます。
  • それは、文章であったり、画像であったり、SEOであったり。
    Webの浸透によって商圏が広がった現代社会だからこそ、
    どうせWeb制作をするなら魅力的に魅せるHPやキャンペーンサイトを制作することが大事です。
  • ただ、私たちはWeb制作会社ではありませんので
    他のプロモーション施策との連動で制作する事例がほとんどです。
  • ワンストップでコミュニケーション施策を実施することを望む
    お客様に合わせて、私たちのWeb制作は実施致します。

WebでのPR方法。

  • Web制作には「PRなどによって掘り起こされた見込顧客の窓口」の意味合いもありますが
    積極的にプロモーションを仕掛ければ、それはまたお客様にとっての武器が増えることになります。
    いわゆるクロスメディア戦略になりますが、その手法は様々。
  • 例えば、プレスリリースの配信サイトを利用することでSEO効果を狙ったり、
    フェイスブック用のアプリケーションを開発したり、ブログ施策を実施したり。
    Web制作をすることで、WebのPR方法は無限に広がります。
  • もちろん、主要なポータルサイトに向けてPR活動を実施することも忘れませんが
    Webでのプロモーション方法はPR活動で実施するよりも
    有る程度の費用を掛けて、確実な露出と集客を図る方が効率的と言えます。
  • 手に入れたツールを上手に「使う」。
  • そのままでも良いというお客様もいらっしゃるかもしれませんが
    各種プロモーション施策を通じて制作したWebサイトを「使う」のも大事なこと。
  • 使い道を見据えたWeb制作を私たちは提案します。
このページの内容をご覧になった方は、下記ページも参考にしています。
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口